TOP
草津市矢橋町235 TEL:(077)569-0008 FAX:(077)569-2960

さくら東日記

理事長のあいさつ

 人が生まれ育ち成長していく中では、親子の縁、友達の縁、師弟の縁、夫婦の縁など、様々な縁があります。
 人は誰も一人で生きていく事は出来ません。必ず周りの人達に助けられながら生きているはずです。
 多くの人達と共に考え、共に行動をする。一人の行動がみんなの行動へと繋がり、行動はやがて知識や経験に変わり、人間形成 へ と変化をしていきます。
 様々な出会いの中で、人との縁を大切にして思いやりの心と、お互い様の心を育み、又、スポーツを通して挨拶や礼儀作法、自 己 管理などのあらゆるルールを身に付けられるように積極的に取り組んでいきます。
 子供に対して「与える楽しさ」もあると思いますが、ともすればそれは大人の自己満足で終わってしまう場合があります。与え る よりも自ら考え行動出来るような心身共に充実した保育を目指します。

① 親の縁
生まれて出会う親の縁
② 友の縁
成長と共に出会う友の縁
③ 師の縁
学び敬う師の縁
④ 夫婦の縁
共に歩む夫婦の縁
⑤ 子の縁
夢を語る子の縁
 互いの思いやりや助け合いの中で人は感じ、繰り返しの中で生きています。その為にも強い意志と強い心と強い体を持たなけれ ば なりません。その準備をこのさくら坂保育園で始めて頂きたいと願っております。

社会福祉法人ご縁会理事長  権田 五雄

保育理念

食育について

 胎児は母親からへその緒を通して栄養を与えられ生まれてきます。そして、生まれるとおっぱいから栄養をもらい、離乳期には食べる事 を始めます。このように、人が生きていく事は、食べる事と切り離しては考えられないのです。そして、食べる事により、健康な身体や歯 だけでなく、健康な思考能力も育つと言えましょう。
 親は、我が子に食べさせる事に始まり、食べさせる事に終わる。まさに生活そのものです。そこで、当園では“食”=“愛着関係の形成” と捉え、離乳期の食事を大切にしています。

※さくら坂保育園のページにリンクしています。